LINEで送る

アイコン リンク【広告】68000円~OK! 最高の実績と信頼。外国人のビザ取得はお任せください! 日本で働きたい、外国人を雇用したい、外国人と結婚したい、永住ビザを獲得したい場合は東京都港区の前場亮事務所にお任せください!

unnamedGUNZ9BTL

 

外国人の留学生は、原則として留学ビザでの滞在になる。そしてそのまま日本の企業に就職するには、留学ビザ→就労ビザへの変更申請をすることになる。

しかし、肝心の大学を中退してしまった場合はどのような手続きがあり、そしてどうすればいいのかまではなかなか情報がないのではないだろうか。実際に当事務所にも中退した場合はどうすればいいのかの相談は多い。

ここでは、大学生が中退してしまった場合の手続きとそのポイントを完全におさえようと思う。ぜひ参考にしてほしい。

 

大学を中退した場合のビザの手続き

大学を中退すると、”留学ビザ”は該当しなくなる

まず、大前提として、大学を中退してしまうと留学生ではなくなるので留学ビザは不適格となってしまうため、そのままでは不法在留になってしまい、場合によっては退去強制の可能性もあるということを自覚しよう。

 

あなたがするべきことは、入管に行って正直のその旨を報告することだろう。ビザの変更があり、一定期間以内に帰国する手続きとなる。

もしそのまま在留してしまうと、不法在留なので即収容になっても文句は言えないだろう。(実際にそこまでなることはレアケースですが)。

 

さらに、ここで不法在留の事実が形成されてしまうと5年間の入国拒否理由に該当することもあるし、次回のビザ申請の時も大変難易度が上がってしまうので、今後も日本との交流を考えている場合はなおさらだろう。

 

すでに別の大学・専門学校を卒業している場合

しかし、あなたが仮にどこかの大学や専門学校を卒業している場合は、その経歴をもとに就労ビザへの切り替えという道も残されている。

ただ、この場合も受け入れ企業がすぐに見つかるのはレアケースだろうし、切替までの期間があいてしまった場合は不法在留の期間を指摘されて不許可になるケースも出てくるだろう。

もし、このケースが該当するのであれば、絶対に中退のタイミングはあなたの都合ではなくて、受け入れ企業やそのほかの条件を考慮して判断しよう。

疑問点 ポイント2

結婚や妊娠で中退した場合

また、日本人と交際中の留学生であれば当然結婚も視野に入れているだろうし、あるいは予期せずに妊娠してしまうこともあるだろう。

結婚をすれば「日本人の配偶者」というビザの申請をすることで合法的に日本に滞在できる。ただ、もちろん結婚をしなければ取得できないので妊娠しただけでは取得できないので注意しよう。

日本人の配偶者ビザは、きちんとあなた方が愛し合った結果結婚し、今後日本での生活が自活できる見込みがあればきっと許可されるだろう。

逆に、あまりにも交際期間が短いとビザ目的の結婚だと疑われたり、結婚したはいいが日本では生活する収入が見込めないとなれば当然許可はされないだろう。

 

まとめ 中退するときは慎重に

いかがだろうか?ここまで読めば、あなたは大学を中退するリスクがどのようなものかを理解できただろう。

大学を中退する理由はそれぞれだろうが、中退することであなたの学歴は高卒となってしまい、その結果取得できるビザの範囲は狭くなってしまう。

また、あなたがそのまま日本に滞在し続けたいと考えているのであれば、就労ビザにせよ国際結婚にせよ、必ずタイミングを見計らい、ベストなタイミングで中退しよう。

一度申請したら不許可になって途方に暮れている、オーバーステイで在留特別許可をとりたいがどうしたらいいかがわからないなどの場合は当事務所へ!最高の実績と安心で確実にサポート。

↓”いいね”をお願いします!↓

 

監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。
特に外国人のビザ取得は就労ビザ・永住ビザ・国際結婚などの様々な案件を手掛け、実績と経験で他の事務所を圧倒する。

行政書士 前場亮事務所
106-0031 東京都港区西麻布2-25-20 1003
tel 03-6418-1075(許認可)03-3793-3778(民事全般)