LINEで送る

アイコン リンク【広告】68000円~OK! 最高の実績と信頼。外国人のビザ取得はお任せください! 日本で働きたい、外国人を雇用したい、外国人と結婚したい、永住ビザを獲得したい場合は東京都港区の前場亮事務所にお任せください!

unnamedSC06MYUM

 

韓国人との国際結婚手続きで、かならず必要になるのが韓国での各種の証明書だ。いわゆる三点セットと言って、基本証明書・家族関係証明書・婚姻証明書の三つになるが、ここでつまずく人は案外多い。

いったいどこに行けばよくて、どんなものなのかは日本人の人でも韓国人との国際結婚をしようというのであれば知っておいて損はないだろう。

 

基本証明書・家族関係証明書・婚姻証明書とは?

2008年に施行された新しい制度

韓国では、それまでの戸籍制度が憲法違反だとの判決によって、2008年1月1日から、それまでの戸主制度から新しい戸籍制度に変更になった経緯がある。

これは、それまでは戸主制度が強く残っていたものを個人別の色合いを強くし、自己のルーツの記録と個人主義を調整しようというのがざっくりとした目的だ。

そして、その新制度では、旧戸籍制度を5つに分割して取り扱うようになった。これが基本証明書、家族関係証明書、婚姻証明書、入養関係証明書、新養子入養関係証明書になる。韓国人との国際結婚はその中で家族関係証明書、婚姻証明書、基本証明書の3つが必要になる。

旧制度 新制度
戸籍(簿) 家族関係登録(簿)2008.1.1以前の戸籍は除籍謄本として請求
戸籍謄本・抄本(1種類)(祖父母、父母、子、孫、配偶者、兄弟姉妹 等が一人の戸主を中心に登載) 家族関係記録事項証明書(5種類)

  • 基本証明書
  • 家族関係証明書
  • 婚姻関係証明書
  • 入養関係証明書
  • 親養子入養関係証明書
本籍 登録基準地
転籍 (本籍地の変更) 登録基準地変更
就籍 (戸籍の創設) 家族関係登録創設

この制度の変更によって、おもな変更は↑このようになる。

目的別に分かれたものを、重要なものに絞って説明しよう。

 

戸籍の制度は5つに分類される

ここでは、まずは戸籍の制度は新制度のよって5つに分類されるというところだけを理化してもらえば大丈夫だろう。簡単に表にまとめてみたので参考にしてほしい。

証明書の種類 記載事項
証明内容 (本人を基準にして) 共通事項
基本証明書 本人の出生、死亡、改名、国籍変更等を記載。(過去の変更事項も記載される)父母や家族の記載はない。 ・登録基準地・姓名・性別・出生年月日

・住民登録番号

家族関係証明書 父母(養父母)、配偶者及び子女(実子・養子も子女と表示)の三代表示*婚姻で独立した人の祖父母、兄弟姉妹を調べるには、本人の父母の家族関係証明書で見る。*前妻は載らない
婚姻関係証明書 婚姻及び離婚に関する履歴及び配偶者の人的事項
入養関係証明書 養父母と養子の人的事項及び縁組、離縁、取消等に関する事項
親養子入養関係証明書 親生父母・養父母又は親養子の人的事項及び入養・罷養に関する事項(日本の特別養子縁組と類似)

このなかで、青字の記載のものが国際結婚では重要になる。

 

家族関係証明書とは?

家族関係証明書は、本人から見て、夫婦、親、子の3代を簡潔に記したものと考えていいだろう。

honyaku_kankokugo02

父母(親養子の場合、養父母が父母と記載される)

養父母(普通養子の場合には実父母と養父母が全部記載される)

配偶者

子供(実子、養子)

が記載の対象だ。つまり、兄弟は証明されないので、その場合は親の家族関係証明書を請求することになる。

 

基本証明書

基本証明書は、本人がどこで生まれて、国籍はどこで、どこで死亡したかの証明書だ。

honyaku_kankokugo01

個人の

  • 出生
  • 国籍変更
  • 改名
  • 親権
  • 死亡

などが記載される。改名した場合もその旨が記載せる。

また、死亡場所と年月日はこの証明書にしか記載されないというのが特徴だろう。他の証明書では名前の横に小さく死亡と記載されているだけだ。

 

婚姻関係証明書

婚姻関係証明書は、本人の婚姻に関する事項をまとめた証明書で、これが独身証明書にもなる。

honyaku_kankokugo03

本人の婚姻・離婚はこれを見ればわかってしまうので、パートナーにとっては知りたいような・知りたくないようなこともここで確認しよう。

 

家族関係の証明書類は、日本の領事館で発行してくれる

では、実際にこれらの証明書をどこで入手すればいいのだろうか?

この場合は、あなたの居住する地域を管轄する韓国領事館に請求して取り寄せることになる。以下に、簡単にその所在地をまとめたので参考にしてほしい。

所在地・電話 管轄地域
韓国大使館領事部 東京都港区南麻布1−7−3203−3455−2601〜3 東京 千葉 埼玉 茨城栃木 群馬 山梨
札幌総領事館 札幌市中央区北2条西12−1−4011−218−0288 北海道
仙台総領事館 仙台市青葉区上杉1−4—3022−221−2751〜3 宮城 福島 山形秋田 岩手 青森
横浜総領事館 横浜市中区山手町118045−621−4531 神奈川 静岡
新潟総領事館 新潟市中央区万代島5−1万代島ビル8階025−255−5555 新潟 長野富山 石川
名古屋総領事館 名古屋市中村区名駅南1−19−12052−586−9221〜3 愛知 岐阜
三重 福井
大阪総領事館 大阪市中央区西心斎橋2−3−406−6213−1401〜5 大阪 京都 滋賀
奈良 和歌山
神戸総領事館 神戸市中央区中山手通2−21−5078−221−4853〜5 兵庫 岡山 鳥取
香川 徳島
広島総領事館 広島市中区袋町5−28和光広島ビル4階082−543−5018〜9 広島 山口 島根
愛媛 高知
福岡総領事館 福岡市中央区地行浜1−1−3092−771−0461〜2 九州 沖縄

オンラインで請求できたり、電話や郵送でやり取りできる領事館もあるので、必要な場合はかならず質問・相談事項をまとめたうえで連絡をしよう。

 

まとめ ブラックボックスで結婚するのはやめよう

いかがだろうか?つまり、国際結婚するのには日本人との結婚と同様に相手の家族関係がその段階ではっきりするのだ。

しかし、どうせ韓国語だからわからないとか、相手のことを信用しているとかの理由でよく確認しないのは絶対にやめたほうがいい。

冗談のようにも聞こえると思うが、相手に任せっきりでブラックボックスのまま結婚しちゃったということもあるので、後々後悔するくらいならしっかりとここで確認するチャンスととらえよう。

実際に役所に提出する際にはこれらの日本語訳も提出を求められる。単なる役所手続きと面倒くさがらずに相手のルーツを知ることでより一層相手への理解が深まるとも考えられるだろう。

 

 

一度申請したら不許可になって途方に暮れている、オーバーステイで在留特別許可をとりたいがどうしたらいいかがわからないなどの場合は当事務所へ!最高の実績と安心で確実にサポート。

↓”いいね”をお願いします!↓

 

監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。
特に外国人のビザ取得は就労ビザ・永住ビザ・国際結婚などの様々な案件を手掛け、実績と経験で他の事務所を圧倒する。

行政書士 前場亮事務所
106-0031 東京都港区西麻布2-25-20 1003
tel 03-6418-1075(許認可)03-3793-3778(民事全般)