LINEで送る

アイコン リンク【広告】68000円~OK! 最高の実績と信頼。外国人のビザ取得はお任せください! 日本で働きたい、外国人を雇用したい、外国人と結婚したい、永住ビザを獲得したい場合は東京都港区の前場亮事務所にお任せください!

unnamedZ3XG3MRM

 

永住ビザも帰化申請も、無期限で日本にいることができることには変わりない。そのため仮に永住ビザを持っていたとしても、帰化申請をする意味がわからずに面倒くさい申請をするくらいなら永住ビザのままでいいやと考えている人も少なくない。

 

この考えは、半分は正しいと考えていだろう。あなた自身が「日本にいることができれば特にこだわりはない」ということもあるだろうし、実際に帰化申請をするには専門家の力を借りて、そのうえでおおよそ1年もの審査期間を経なければならないなど、手続きは決して簡単ではないからだ。

しかし、もう半分は正しいとはいえないだろう。というのも、永住権と帰化では根本的にあなたの立場は違うし、それぞれにメリットデメリットがあるからだ。それらを把握せずにただ「面倒くさいから」という理由で向き合わないのは私はもったいないと思う。

 

そこで、ここでは永住権と帰化申請の違いをできる限りわかりやすく説明し、双方のメリットとデメリットを完璧に解説したいと思う。

私は東京都港区でビザを取り扱う行政書士事務所の代表をしていて、それこそ同様の質問・相談を年がら年中受けていて、だいたい多くの人はどのようなことを理解していて、どこを理解できていないのかを把握している。ぜひ参考にしてほしい。

 

永住権と帰化申請

そもそも永住権とは?

永住権とは、永住ビザを取得して日本に無期限で在留できる権利のことだ。無期限とはいっても7年に一度は在留カードの更新はしなくてはならないが、それ以外は面倒くさい手続きもない。

ほぼ日本人と同様の権利を付与されるので選挙権以外はほぼ日本人と同じと考えていいだろう。もちろん就労に関する制限もない。当然ではあるが、権利を付与されている分義務も同様に課されるので納税や各種行政手続きも日本人同様にしなければならない。

 

永住権の最も大きなポイントは、国籍を自国のものにしながら日本での在留を無期限で送ることができるということだ。そのためいつかは自国に戻る可能性があったり、自国への愛着が強い場合は永住権のほうがいいといえるだろう。

 

では、帰化申請とは?

それに比べて帰化申請とはいわゆる「日本人になる」手続きのことだ。日本人になるということはもともとの国籍を失うことになり、その結果日本人と完全同一の権利義務を持つことになる。

永住権者では得られなかった選挙権ももつし、犯罪を犯しても自国へ退去強制されることもない。そのかわり日本人として権利と義務を全うすることになる。

たとえばあなたが日本人と結婚し、今後自国へ戻ることは考えづらいし、自国への愛着が強くない場合は帰化申請をすることも一つの手段だろう。

 

永住権を選ぶメリットとデメリット

永住権は、自国に国籍を残したまま日本へ在留できるので、何か困ったことがあったら自国へ戻ることができるし、そのまま日本へ在留することができるという意味では気楽な立場かもしれない。

また、祖国への愛着というものは簡単ではないので、日本で生活することはいいけれど、祖国の愛着も捨てがたいという場合にも永住権はマッチするだろう。

 

ただ、国籍はもとのままなので、永住権者にそぐわない犯罪や納税の未納を繰り返していると永住権を失い、その結果日本にいたくても日本にいられないということにもなりかねない。

また、日常生活では特に問題がなくても税法や社会保険、相続法などで細かい違いがあるので有事の時に日本国内の法律ではなくて自国の法律を適用しなければならないなどの不便も出てくるだろう。

 

帰化申請のメリットとデメリット

帰化申請の最大のメリットは、完全に日本人になるので永住権のようにはく奪されることが絶対にないということだろう。

たとえば凶悪犯罪を起こしたとしても日本人なのだから「自国へ帰れ」ということにもならないし、日本の法律で裁判にかけられ、罪を償えばまた元の日本の生活に戻ることができる。

さらに、外国へ渡航する際には日本人のパスポートで出国することになるので多くの国で手続きの免除制度があり、世界から見た「日本の信頼」というものを実感できるだろう。

 

デメリットは、完全に祖国の国籍を離れるので気持ちが変わったという後戻りができないことだろう。

人生はいろいろなので、10年後に気が変わらない可能性がゼロとは言えないだろう。家庭が崩壊しているかもしれないし、日本の政治経済がめちゃくちゃになって祖国の政治経済がめっちゃ最高なんてこともあるかもしれない。

そんな場合に気持ちが変わっても「そんなこといったって、あなたは日本人なんだから今更戻れない」となってしまうのだ。

 

まとめ

unnamedYGFAW54H

いかがだろうか?おそらくここまで読んでくれたあなたは永住権と帰化申請のそれぞれのメリットとデメリットを理解できたとおもう。

手続き上も、日本での生活もほとんど違いはないが、永住権と帰化は決定的に国籍が日本にあるか、祖国にあるかの違いが圧倒的に大きな存在であることに異論はないだろう。

そのため、直接的なメリットデメリットで考えるよりも、心理的なセンチメンタルによるところがおおきく、その踏ん切りがつけば帰化申請したほうがいいだろうし、つかなければ永住権のままでも特に問題ないだろう。

 

このページで説明したメリットとデメリットを理解できれば、あとはあなたの気持ち次第なので判断は簡単につくだろう。タイミングなんてものはなんとなく「今かな」と思うものだからだ。

逆に言えばなんとなく「いまではない」と思ったのであればとりあえず見送るのも一つの考えだろう。

 

一度申請したら不許可になって途方に暮れている、オーバーステイで在留特別許可をとりたいがどうしたらいいかがわからないなどの場合は当事務所へ!最高の実績と安心で確実にサポート。

↓”いいね”をお願いします!↓

 

監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。
特に外国人のビザ取得は就労ビザ・永住ビザ・国際結婚などの様々な案件を手掛け、実績と経験で他の事務所を圧倒する。

行政書士 前場亮事務所
106-0031 東京都港区西麻布2-25-20 1003
tel 03-6418-1075(許認可)03-3793-3778(民事全般)