LINEで送る

アイコン リンク【広告】68000円~OK! 最高の実績と信頼。外国人のビザ取得はお任せください! 日本で働きたい、外国人を雇用したい、外国人と結婚したい、永住ビザを獲得したい場合は東京都港区の前場亮事務所にお任せください!

unnamed89XZMQQS

 

毎年3月ころになると、「日本の大学を卒業したけれど、就職が決まらないのでどうしたらいいのかがわからない」という質問を受けることがある。

留学ビザは3月の末日までということが多いので、それを超過してしまうと違法滞在になってしまうし、とはいえこのまま帰国するのはもったいない。

おそらくあなたは日本での就職を希望しているとおもう。ここでは、日本の大学を卒業するのに就職が決まらない場合の対処法を説明したいと思う。ぜひ参考にしてほしい。

 

大学を卒業して就職が決まらない場合

留学ビザ→特定活動ビザの変更

外国人の留学生なら一度は聞いたことがあると思うが、卒業後、そのまま日本に滞在したい場合は特定活動のビザを取得し、就職活動をするために滞在をするということになる。

この特定活動のビザは、ワーキングホリデーのビザと同様のもので、法務大臣が特別の活動をするために在留を許可するもので、最長1年間(正確には6か月+6か月)は滞在できることになるのだ。

また、対象となるのは、「大学院、大学、短期大学の卒業者」もしくは「専門士の称号を取得した専門学校の卒業者」なので、大学でなくてもこれらに該当していれば大丈夫だ。

 

疑問点 ポイント2

特定活動のビザには推薦状が必要

しかし、ただ日本に滞在したいから、という理由で、隠れ蓑として特定活動ビザを取得しようという事例が多発したため、現在は原則として所属していた大学の推薦状が必要になる。

この推薦状は、大学によって対応がまちまちで、

①在校生、卒業生であれば誰にでも出す

②推薦状のセミナーに参加しないと出してくれない

③面接をして合格しないと出してくれない

④セミナー+面接で合格しないと出してくれない

などのパターンがあるようだ。詳しくは大学の留学生担当の事務方に相談してほしい。

 

就職する意思確認が必要

また、上記のような理由から、実際に就職活動をした記録の提出を求められるので、「これだけ頑張って就職活動したけどダメだった」ということを立証できないとビザはおりないだろう。

この就職活動の記録は、単に「どこそこの会社に就職希望を出した」の羅列ではなくて、その会社のパンフレットや就職セミナーなどの全記録をまとめておいたほうが入管も安心してビザを発行できるだろう。

 

特定活動のビザは、留学ビザが切れる前に申請しよう

留学ビザは、原則として大学の卒業と同時に失効してしまうため、失効した後に申請すると違法滞在の状態で申請することにもなってしまうので、入管は大変厳しいスタンスで審査することになる。

就職の見込みがないと判断した場合は、留学ビザが切れる前に必ずビザの変更申請をしよう。

 

就職までの期間が開いてしまった場合

たとえば、極端な話だが4月に卒業して2か月後の6月に内定をもらったとする。そのうえで「就職は来年の4月から」となってしまうと、残りの10か月はどのようにすればいいのだろうか?

厳密に言えば”就職活動”の目的で滞在しているので、就職が決まれば目的は達成できてしまうのでそのビザは該当しなくなってしまう。

この場合、同じ特定活動でも、その目的を変更し、”待機”として変更申請をすることになる。

比較とと結論

特定活動ビザはアルバイトができる

では、1年間もの間、ひたすら就職活動しかしちゃいけないかといえばそうではない。その期間は資格外活動許可といって、いわゆるアルバイト許可を申請することで1週間に28時間のアルバイトができるようになる。

この場合、性風俗やキャバクラ・スナックなどの風俗営業はダメだが、それ以外のアルバイトは問題なくできるので、社会勉強もかねてアルバイトをすることも悪くはないだろう。

コンビニでも、居酒屋のウエイターでも、オフィスワークでもいい。いい経験をしてもらいたい。

 

まとめ

いかがだろうか。どうしても日本で就職したい場合はこのような手段も残っているので、あきらめずに次のチャンスをうかがうこともできる。

しかし、この制度を悪用し、就職する意思がないにもかかわらずむりやり特定活動のビザを活用する事件が多発したため、学校によっては推薦状の発行に後ろ向きだったりする場合もあるようだ。

また、あなたが本気で日本で就職しようという姿勢は入管は必ず見抜くので、しっかりと就職の意思を証明し、申請しよう。

 

一度申請したら不許可になって途方に暮れている、オーバーステイで在留特別許可をとりたいがどうしたらいいかがわからないなどの場合は当事務所へ!最高の実績と安心で確実にサポート。

↓”いいね”をお願いします!↓

 

監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。
特に外国人のビザ取得は就労ビザ・永住ビザ・国際結婚などの様々な案件を手掛け、実績と経験で他の事務所を圧倒する。

行政書士 前場亮事務所
106-0031 東京都港区西麻布2-25-20 1003
tel 03-6418-1075(許認可)03-3793-3778(民事全般)