LINEで送る

アイコン リンク【広告】68000円~OK! 最高の実績と信頼。外国人のビザ取得はお任せください! 日本で働きたい、外国人を雇用したい、外国人と結婚したい、永住ビザを獲得したい場合は東京都港区の前場亮事務所にお任せください!

unnamed83TYOPIC

 

国際結婚は、しようと思えばきちんとした手続きを踏めばできるのだが、結婚とビザは完全に分離されているので「結婚したけどビザがおりない」という状況も考えられる。

大変に残念なことだが、この状況はビザ申請が不許可になった時にはじめて自分のことだと認識することが多い。「結婚したんだからビザがおりるのは当然」と思っているので、不許可については他人事くらいに考えているのだろう。

しかし、実際には不許可数は年々増加しているのが現状だ。なぜだろうか?

細かい事例については別のページに譲るが、最近は「結婚はしているけど同居していない」というパターンが多い。今回は、ここを検証してみよう。

 

別居中の結婚ビザ申請

入管のスタンスを知ろう

日本人以外の外国人を日本にだれでも無期限で在留を許すと、言葉や文化の違いから衝突も増えるだろうし、治安の悪化も考えられる。さらに外国人が就労することによって日本人の雇用が奪われる可能性もある。

日本は日本人の管理下にあるので、「なんでもかんでも外国人を受け入れていたら、いつのまにか日本人の居場所が奪われてしまった」なんてことは絶対にあってはならないことは想像しやすいだろう。

そのため日本に長期在留するためにはビザを申請して、入管が審査して「この人だったら在留を許してもいいだろう」という判断があって初めて在留が許可されるのだ。

 

別居中の申請は、偽装結婚を疑われる

別居中の場合は、入管は「ひょっとしたらビザ目的の結婚なんじゃないか?」と疑いの目をもって審査をすることになる。

ビザ目的の結婚とは、たとえば結婚ビザを取得することで就労の制限がなくなるため、愛してもいない相手と結婚してまずはビザを取得し、実態は日本でガッツリ就労してお金を自国へ送金する、などだ。これを偽装結婚という。

こんなことをされたら入管としてはたまったものではないので、別居中の場合はビザ目的なんじゃないかと考えてしまうのだ。

 

なぜ別居中なのかを説明しよう

unnamed9R2H9T7I

仮にあなたが「理由があって別居しているのに、入管は意地悪だなあ」と思っているのであれば、その通りかもしれないが、入管も仕事なので私は仕方のないことだと思う。

そこで、あなたができることは、「なぜ別居中なのか」をしっかりと理由書で説明し、入管に「これなら別居中でも仕方がない」と思わせることだ。

ひょっとしたら親の介護で仕方なく別居しているのかもしれないし、単身赴任かもしれない。それであればその理由をわかりやすく説明すれば許可にもなりやすいだろう。

 

逆に「ケンカ中で意思疎通が取れないから別居してます」なんて書いたら入管はいずれ離婚しそうだということが頭をよぎるのが人情だろう。そうなるとビザも不許可になりやすくなってしまう。

 

矛盾や言い訳がましいことはないか

たとえばあなたが専業主婦で子供もいないのにパートナーの単身赴任で別居していますということになると、「なぜ一緒に暮らさないのか?」と不思議に思うのは当然だろう。

ひょっとしたら会社の都合や金銭面の問題もあるかもしれないが、おや?と思う人もいるだろう。入管からすればどこかに矛盾を感じると遠慮なく疑ってかかるのだ。

この場合は「専業主婦でパートナーが単身赴任です。本来はついていき同居するべきなのですが、理由があって別居しています」というところから説明するべきだろう。

 

愛があって結婚したんだということをアピールしよう

結婚したのに別居しているということを説明したうえで、「きちんと恋愛感情があり国際結婚をした」ということをはっきりとアピールしよう。

たとえば日々のメールのやり取りだとか電話でのやり取りを添付してもいいだろうし、二人のスナップ写真を時系列で資料にすることも大事だろう。

本当に愛し合っているのであれば、いくらでも資料を作成することは可能だろう。

通常の結婚ビザよりもハードルが上がるため、これでもかと言わんばかりにアピールしたほうがいい。

 

まとめ

いかがだろうか?別居中の場合はなぜ不許可になりやすいかがわかったと思う。そのうえで、あなたが申請するのであれば

・なぜ別居中なのかを説明する

・きちんと恋愛感情があるということを立証する

この二点をおさえよう。

最後に、これは経験上の話で私個人の意見で耳の痛い人も多いと思うが、安易に別居をして後付けで別居している理由を作成しても、他人は簡単に矛盾を見抜いてしまう。

いろいろ言いたいことはあるだろうが、私のところに相談にくる人の中には、どこかに矛盾や(同居継続の)努力不足があることも多いのが実情だ。

自分一人で理由を考えるとどうしても客観性を書いた説明をしてしまう場合も多い。できれば理由説明は信頼のおける人に読んでもらい、正直に感想を聞いたほうがいいだろう。

一度申請したら不許可になって途方に暮れている、オーバーステイで在留特別許可をとりたいがどうしたらいいかがわからないなどの場合は当事務所へ!最高の実績と安心で確実にサポート。

↓”いいね”をお願いします!↓

 

監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。
特に外国人のビザ取得は就労ビザ・永住ビザ・国際結婚などの様々な案件を手掛け、実績と経験で他の事務所を圧倒する。

行政書士 前場亮事務所
106-0031 東京都港区西麻布2-25-20 1003
tel 03-6418-1075(許認可)03-3793-3778(民事全般)