LINEで送る

アイコン リンク【広告】68000円~OK! 最高の実績と信頼。外国人のビザ取得はお任せください! 日本で働きたい、外国人を雇用したい、外国人と結婚したい、永住ビザを獲得したい場合は東京都港区の前場亮事務所にお任せください!

フィリピン人との国際結婚では様々な専門用語の理解が必要になる。その中でも最低限知っておきたいものをここにまとめてみた。ぜひ参考にしてほしい。

 

CENOMAR

Certificate of no marriage recordの略で、婚姻記録不存在証明書になる。国家統計局発行し、外務省の認証を得たものをコピーして提出することになる。

笑い話にも聞こえるが、フィリピン人の女性のなかには興業やそのほかの目的で来日し、日本人男性と意気投合し交際し、そして結婚話が出た時になって「フィリピンにいる旦那はどうしよう」と考える人も多いようだ。

そして、当然どうやって手続きをすればいいのかわからないため未婚ということで日本人と手続きをしてしまう人もいるし、あるいはフィリピン旦那のことはもうどうでもよくなって別れたとか適当なうそをつくこともある。

そのような悲惨なことを防ぐ目的で現在は結婚要件具備証明書を発行する際に必要になっている。

 

NSO

National statistic officeの略で、国家統計局のこと。出生や死亡などの記録をここでしている。

 

DFA

Department of foriegn affairsの略で、フィリピン外務省のこと。多くの証明書はDFAの認証が必要になる。

 

CNO

Certificate of no objection の略で、婚姻関係具備証明書のこと。これを在日フィリピン大使館で発行してもらい、市区町村役場に提出する。

 

ROM

Report of marriage の略で、結婚証明書のこと。

 

 

 

一度申請したら不許可になって途方に暮れている、オーバーステイで在留特別許可をとりたいがどうしたらいいかがわからないなどの場合は当事務所へ!最高の実績と安心で確実にサポート。

↓”いいね”をお願いします!↓

 

監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。
特に外国人のビザ取得は就労ビザ・永住ビザ・国際結婚などの様々な案件を手掛け、実績と経験で他の事務所を圧倒する。

行政書士 前場亮事務所
106-0031 東京都港区西麻布2-25-20 1003
tel 03-6418-1075(許認可)03-3793-3778(民事全般)