LINEで送る

アイコン リンク【広告】68000円~OK! 最高の実績と信頼。外国人のビザ取得はお任せください! 日本で働きたい、外国人を雇用したい、外国人と結婚したい、永住ビザを獲得したい場合は東京都港区の前場亮事務所にお任せください!

 

 

 

unnamedSC06MYUM

 

ここ数年の日本人とタイ人の国際結婚の数は、2000年のピーク時に比べるとだいぶ減ったものの、依然として中国・韓国・フィリピンに続いての数を占めている。

タイは出生・死亡・婚姻などの個人情報のコンピューター化が進み、さらに国家として特別な宗教儀式を婚姻の成立要件にしていないので、フィリピンや韓国よりもかなり国際結婚の手続きはシンプルだ。

では、タイ人との国際結婚の手続きのポイントを紹介しよう。

 

タイ人との国際結婚の手続き

タイの結婚要件

タイの結婚要件は、主に以下のようになっている。

①男女とも17歳以上となっていること

②20歳未満の場合は男女とも父母などの同意が必要

③女性の場合は前婚の解消から310日を経過していること

④近親婚、養親・養子間の結婚の禁止

などがあげられる。これ以外にも精神異常者などの細かい決まりがあるが、あまりにもレアケースなのでここでは省略する。

日本での違いはやはり結婚年齢だろう。ほとんどないとは思うがたとえば日本人女性がタイ人の17歳の男性と結婚しようとしても、日本の民法では男性は18歳以上でないと結婚できないので一年待って結婚することになる。

 

婚姻要件具備証明書を入手する

まずは役所での婚姻届けを提出するためにひつようとなる書類を収集することになる。最も重要なものは(ほかの書類もなければ受理されないのでもちろん同じくらい重要だが・・・)婚姻要件具備証明書だろう。

①国民身分証明書の原本とコピー

②タイの住民登録謄本の原本とコピー

③パスポートの原本とコピー

④タイの郡役場で発行された独身証明書

⑤(過去に離婚歴がある場合は)離婚証明書とそのコピー

⑥(離婚後310日たっていない場合)妊娠していない旨の意思の診断書

⑦(未成年の場合)親などの同意書

⑧写真(縦5㎝×横3㎝)1枚

⑨日本人のパスポート・運転免許証などのコピー

⑩日本人の戸籍謄本(外務省の認証が必要)

⑪日本人の在職証明書

⑫日本人の写真1枚(縦5㎝×横3㎝)

これらをそろえて日本にあるタイ大使館で婚姻要件具備証明書の申請をしよう。無事に受理されれば婚姻要件具備証明書が交付される。

 

日本の役場で婚姻届けをする

つぎに、市区町村役場の市民課で婚姻届けをするが、タイ大使館で発行された婚姻要件具備証明書とパスポートのほか、以下の書類を提出することになる。

①国民身分証明書。ないばあいは出生証明書

②タイの住民登録謄本

③タイの郡役場で発行された独身証明書

④(離婚歴がある場合)離婚証明書

⑤(離婚後310日たっていない場合)妊娠していない旨の医師の診断書

⑥(未成年の場合)親などの同意書

⑦改姓・改名している場合はその証明書

タイで発行された書類については英語訳をそえてタイ外務省での認証が必要だ。そしてさらに日本語訳も用意することになる。

これ以外にも求められる書類がある場合があるので役所に問い合わせよう。

タイ大使館での婚姻要件具備証明書の発行申請で用いるものも多いので、あらかじめ複数部用意しておくとスムーズだろう。

 

これで、日本での手続きは完了だ。3週間ほどで戸籍にも反映されるだろう。

 

タイ国での手続き

この段階では日本での手続きが終わっただけで、さらにタイでの手続きをすることになるが、原則として、まずは戸籍謄本に反映されたら、日本の外務省で戸籍謄本を認証し、そのうえで日本にあるタイ大使館での認証をすることになる。

すると、大使館経由でバンコクにあるタイ外務省での認証がおこなわれ、郡役場の家族事項登録が行われる。

タイ人が女性の場合はすべてが終わった段階でパスポートの姓の変更をしよう。

 

まとめ 手続きはまだ完了ではない

いかがだろうか?国際結婚は、まずは結婚の事実を報告するだけでも結構大変だということがわかったのではないだろうか。

 

そして、ここまでの手続きは日本とタイの両国に結婚する事実を報告しただけなので、そのうえでタイ人が日本に滞在できるようにビザの申請をすることになる。

タイ人が日本人と結婚して得られるビザは、一般的には「日本人の配偶者ビザ」だ。このビザは、初婚で、日本で生活する経済力があり、犯罪歴などがなければ比較的簡単に取得できるだろう。

しかし、結婚離婚を繰り返していたりすればビザ目的の偽装結婚を疑われたり、犯罪歴があれば入管もビザの発行をためらうだろう。

 

一般的にはビザの申請は自分ですることもあるが、難しい場合はびz亜専門の行政書士に依頼するのがいいだろう。多少値段はかかるがそのぶん安心感が違う。ぜひ腕のいい行政書士を選び、依頼しよう。

 

 

 

一度申請したら不許可になって途方に暮れている、オーバーステイで在留特別許可をとりたいがどうしたらいいかがわからないなどの場合は当事務所へ!最高の実績と安心で確実にサポート。

↓”いいね”をお願いします!↓

 

監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。
特に外国人のビザ取得は就労ビザ・永住ビザ・国際結婚などの様々な案件を手掛け、実績と経験で他の事務所を圧倒する。

行政書士 前場亮事務所
106-0031 東京都港区西麻布2-25-20 1003
tel 03-6418-1075(許認可)03-3793-3778(民事全般)